自律神経のバランスを整える

【こんな症状ありませんか?】

・なかなかとり切れない腰痛

・夜の不安感、夜間痛

・むくみ、冷え症

・全身の倦怠感

・気温のよって左右する症状

・気圧によって左右する症状

・不眠

・鬱様症状

もし一つでも当てはまったら自律神経が乱れている可能性があります。

はしもと接骨院では自律神経のバランスを整える治療を行っています。
自律神経が乱れると全ての痛みが強くなり、内臓や精神面にも悪影響を及ぼします。
自律神経のバランスを整えて、ストレスのない健康的な生活を目指しましょう。

【まず自律神経とは…】

自律神経とは主に自分でコントロールすることのできない部分をコントロールしてくれている神経のことです。例えば、内臓器の動き、心臓の動き、汗、血流、睡眠、排尿、排便、頭痛、吐き気、などなどさまざまな機能と深い関係があります。

自律神経は主に脳から背骨の中を通り、身体全体を支配するように存在しています。

この神経は様々な原因から負担がかかり、いろいろな症状を引き起こします。例えば、精神的ストレス、環境的ストレス、痛みのストレス、気候のストレスなどなどです。

自分をコントロールする意味でもこの自律神経を支配することは重要と言えます。


立体動態波とは。

三次元空間にそれぞれが異なった方向に流れる3つの周波によって中周波が重なり合い、その結果生じる動態干渉効果によって生み出される電流を立体動態波と呼びます。
従来届きにくかった深部への刺激を可能にしたことで、トレーニングや鎮痛などに優れた効果を発揮し多彩で効果的な最新治療が、この一台で行うことができます。

筋肉・靭帯・神経に対するリラックス効果、血行促進を働きかけ筋肉トレーニングとしても使える画期的な刺激療法です。

3D療法(立体動態波)
【3Dを活用した自律神経治療】上記写真参照
 この電気を活用することで、「東大」で研究されていた脊椎通電法という自律神経治療を応用した治療が可能となります。直接針で自律神経に刺激を加える脊椎通電に対し、当院オリジナルの3D自律神経治療は深部まで到達する3Dによって間接的に自律神経に刺激を加えて脊椎通電法と同様の効果を期待した治療法となります。
 実際にさまざまな原因不明の症状の改善に貢献している実績があります。

3Dmen’s とは、

極めて微弱な電流を損傷の治癒を促進するマイクロカレント療法を立体動態波で行う世界で初めての治療モード。
神経や筋を興奮させない微弱電流で治療します。従来のマイクロカレントよりも深い部位の治療が可能です。
3D療法(立体動態波)肩

適応症状

更年期障害、血圧が高い、パニック障害、うつ症状、交通事故などによる精神不安定、急な発汗、長いこと患っている原因不明の痛みや症状 捻挫・打撲・肉離れなどの怪我 関節の腫脹・水腫に対して 骨折治療後に関節可動域制限が出ている個所 筋力低下や筋肉をうまく使えていない箇所 筋肉の深部に硬結(固まった部分)がある場合 柔軟性が低下している筋肉の前後のバランスが悪い場合
3D療法(立体動態波)膝

お気軽にお問い合わせください。042-780-8194受付時間
平日 9:00~12:00/15:00~20:00
土曜・祝祭日 9:00~14:00のみ
日曜・水曜 休診

メールでのお問い合わせはこちら