平成が生んだ名機。ゲームボーイ

≪平成が生んだ名作ゲーム機≫

平成も残りわずかですね。平成に関する記事を見ていたときに懐かしいなと思った記事がありましたので、今回はそこから僕が気になったことについて、お話をしたいと思います。

皆さん、ご存知の方が多いと思いますが平成を代表するゲームと言えば、なにが。覚えてますか?

ゲームボーイは世界累計販売台数1億8000万台以上を記録し、ビデオゲーム史にその名を輝かせている伝説の名機です。

電源は単三型電池を四本を必要とし、アルカリ電池であれば丸一日遊ぶことも可能でした。

そこからゲーム機の主力がカラーに移ったのも、やはりゲームボーイがカラーになった1998年が最初といわれています。『ゲームボーイカラー』は単三アルカリ電池2本で約20時間とカラー液晶画面でありながら実用に耐えうるプレイ時間を確保した当時世界トップクラスの素晴らしい技術でした。

子供を中心に大人まで当時の幅広い年代に愛されたゲーム機です。

ゲームボーイあるあるとして。

ゲームボーイはさまざまの色がありましたよね。色や好みによって個性があり、そこからっさらにシールなどを貼り、それぞれのオリジナルなもの、見た目で自分のだとわかるようになってましたね。懐かしいです。

また電池のふたをなくしがち。これもよくありましたね。

今回はゲームボーイについてお話しましたが、平成最後の3日間。

皆さんも懐かしい平成のものを振りかえってみたらいかがでしょうか?

きっといい思い出の品が見つかるのではないでしょうか?(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください